April 03 2020 Friday at 07:30 PM

【SILLY PLAN】 AN EXHIBITION BY SKETCH at THE DEUS RESIDENCE

日本のみなさんこの英文のあとに日本語があります。 Opening night for the Sketch Exhibition “Silly Plan” took place on the eve of Thursday April 21st, at Deus Residence’s B1 Gallery in Harajuku. Sketch welcomed his visitors with a smile to a gallery collection full of colorful idiosyncratic art, a creative world of characters influenced by American culture. Sketch has truely found a new perspective of graphic art compared even to his previous work. The gallery display includes original paintings used in the current Deus Ex Machina clothing capsule collection, as well as original artworks created solely for this exhibition. “Don’t Touch” signs on display on opening night throughout the gallery showed just how fresh the art was as much as the smell of wet paint. Amongst the different artwork, the attention seeker is surely the ‘shack’ in the middle of the room - inspired by American street kiosks and food vendors. Sketch’s friend, Frank Kraft created it and it’s his favorite. The shack has a vintage vending machine set up outside (also for sale), and on closer inspection you can admire the false teeth that are stocked within. The choice of words and graphics he uses on the machine are brilliant in their own right. During the exhibition, Sketch will be working on another exhibition piece, painting directly onto a surfboard, which will then be on display and for sale upon completion. The exhibition runs until May 8th at the Deus Residence of Impermanence - Harajuku, don’t miss this great chance to witness Sketch’s first time holding a solo show. Shop DEUS EX MACHINA X SKETCH collaboration now!
SKETCH氏の個展、『SILLY PLAN』のレセプションパーティが、4月21日(木)にDEUS原宿の地下ギャラリースペースにて開催された。 柔和な笑顔で来場者を迎え入れるSKETCH氏の印象と会場内のカラフルな作品はひと癖もふた癖もありコミカルなアメリカンカルチャーのキャラクターに今迄の彼の作風とは少し違う世界観を醸し出すグラフィックアートに沢山の仲間達が押し寄せた賑やかで最高な一日となった。 会場にはDEUS EX MACHINAとのカプセルコレクションで使われているグラフィックの原画が飾られるなど、また今回のために描きあげられたオリジナル作品もズラリと展示され「Don’t Touch」の札が貼られ、まだインクの乾いていない作りたてホヤホヤの作品が並べられていた。 なかでも一際目を引き、来場者の注目を集めたのがアメリカの売店をイメージしたという小屋?だ。仲間のFRANK KRAFTに作ってもらい、SKETCH氏も一番のお気に入りだとのこと。 小屋の外には自動販売機も置かれている。その自動販売機をよーく見るとなんと入れ歯の自動販売機であった。彼の使うワードのチョイスとグラフィックが作品そのものになるのだ。 会期中にはサーフボードにデザインを落とし込んだ作品も製作・展示される。 日本においてSKETCH氏単独の個展は初ということで、この貴重な機会を是非お見逃しなく! SKETCH(HOLIDAY PAINT)のSilly Planポップな作品や飄々としたキャラクターとは裏腹にラディカルに自己の表現に身を捧げてきたSketch その現在を標すエキシビジョン。 Sketch が企てるSilly Plan(馬鹿げた計画)とはどのような物か? フリーザーの中に在るその答えはきっとCOOLそのものだと思う。 DEUSで孤高のペインターSketchにしか描けない物が目撃できるはずです。