April 03 2020 Friday at 08:15 PM

DROP KICK Painted BY Paul McNeil

日本の皆さんこの英文の後に日本語があります。 DEUS Residence art gallery has presented various artists since its doors opened and the latest art exhibition we hosted was ‘DROP KICK’ by good friend & legendary artist Paul McNeil. Paul is one of the original Mambo artists, where his relationship began with Deus founder Dare Jennings. He has published several kid’s music books, co-founded The Art Park (an artist residency, art gallery, clothing and quarterly journal project) and designed tour posters, record sleeves and endless merchandise for musicians including Beastie Boys, Rolling Stones, Dinosaur Jr and Sonic Youth. He is also a crazy good surfer and has been creating works of art on surfboards for Years. DROP KICK is Aussie Slang for loser. This collection of ink and spray works on paper reflects McNeil's dry humour and incredible wit. On opening night our resident DJ Katoman put the needle on the vinyl to get the party started. Beautiful turquoise cocktails named Dropkick and special food were served to the guests who came to celebrate his very first show under the Deus rooftop. He enjoyed his first visit to Japan so much by attending a music/art fest, riding some waves, viewing Mt. Fuji that he almost missed his flight to Bali for his next show at the 9ft & single. We started Deus Records Japan Spotify where you can find Paul’s playlist, too. 国内外の様々なアーティストの作品を紹介しているデウス原宿店地下ギャラリースペースで、先日デウスバリで行われた9 foot & Singleフェスティバルでもゲストアーティストを務めたポール・マクニールの個展が開催された。 オーストラリアのバイロンベイを拠点にサーフボードのアートデザインや、アートフェスティバルの主催の他、ビースティボーイズ、ガンズンローゼスといった様々なミュージシャンのツアーパンフやレコードジャケットを手がけるなど、サーフと音楽とビールを愛する彼の活躍は世界中のファンを魅了する。 デウスにとっても特別な存在である彼に、バリに行く前に東京でもショーをやらないかと持ちかけたところ快諾、デウスでの初の個展をこの原宿店で開催する運びとなった。 タイトルであるDrop Kick(ドロップキック)はプロレスの技ではない。’厄介なやつ’という意味のオージースラングで、彼の鋭いユーモアと知性の入り混じった感性をインクとスプレーで思いのままに表現している。「厄介な自分は嫌いじゃない、むしろ楽しんでいるくらいだ」と語るポールの遊び心溢れるアートコレクションである。 オープン当日は、デウスレジデンスのミュージックセレクター katomanがレコードの針を落としレセプションパーティが始まった。彼の晴れ舞台を祝おうと駆けつけたたくさんの仲間たちに、エキシビジョンタイトルを模したターコイズブルーのスペシャルカクテルやフィンガーフードが振舞われ大盛況のうちに幕を閉じた。 今回初来日となったポールはエキシビジョンの合間を縫って、グリーンルームフェスティバルやサーフトリップ、箱根への富士山観光と日本滞在をかなり満喫したようだ。箱根から戻り、次回は彫刻の森美術館で個展をやりたいと興奮気味で話してくれたその2時間後、帰りのフライトを1日勘違いしていたことに気づき大慌てで荷物をまとめて成田行きのバスに飛び乗ったポール。改めてDrop Kickというタイトルが腑に落ちた瞬間であった。 音楽サイトSpotifyのDeus Records Japanで ポールのプレイリストを公開しているのでこちらも合わせてチェックしてみてください。 We started Deus Records Japan Spotify, Please check it playlist. https://www.spotify.com/jp/home/" Spotify: user : deusrecordsjapan spotify:user:deusrecordsjapan