April 03 2020 Friday at 08:45 PM

DEUS SOUND CHECK at DEUS TRAPDOOR

英文の下に日本語があります。 DEUS SOUND CHECK at DEUS TRAPDOOR On July 11th, DEUS SOUND CHECK was held at TRAPDOOR, it was the first event at Deus Harajuku’s newly named basement venue. A sound check is usually just that: an opportunity to check the sound quality of an assembled sound system, it serves as the final test before ‘going live’. Typically, this is an internal verification process, done behind closed doors. However, to test our new DEUS system, to see what its capable of producing, we invited a selection of well respected DJ’s and music industry aficionados, to DEUS SOUND CHECK for a public & final sound test. The interest for anything new and exciting happening in the heart of Tokyo is high and the response to our invitation to “bring your best beats and flow it on our system” was very positive as many agreed to attend. “Made in Japan Sound” the concept behind the Deus sound system was about developing a high quality system made entirely of Japanese equipment, highlighted with an ALPHA RECORDING SYSTEM mixer and TAGUCHI speakers. A customized DJ booth incorporating a vintage military mobile fold-up stretcher as its base stand and canvas ‘yatai’ style canopy cover makes for an interesting view accommodating the sound experience. Great DJs will thoroughly manage how their audience hears the music so it’s understandable that they have the strictest standards when it comes to sound checks. One by one, invitees played their hand carried selection of most familiar beats on the new system to see how it would fair. Gradually listeners made their way toward the DJ booth, forming a crowd of excited ‘fans’ waiting their turn to sound check. The crowd of sound specialists broke out into smiles every time the sound quality was apparent. DJ’s looking over their shoulders at the speakers, continued to play song after song unwilling to step down for the other performers in waiting. A Sound Check that started off low-key gradually transformed into a pleasant party. Until the last song faded away, a solid crowd remained down in the TRAPDOOR and closed off the evening with applause of approval. Instead of conducting the usual technical sound check, DEUS SOUND CHECK created a party like atmosphere with buzz for everyone to take home. Getting the nod from audio aficionados and their strict standards was the ultimate approval but maybe the expression of sincere enjoyment on everyone’s faces was even more gratifying. Please applause for: ●Sound producer - Mr. Yuichiro Shibata (Freedom Sunset Production) ●Sound designers - Mr. Shigetake and Mrs. Yasuko Ao (movie, bar & club sound designers) ●DJ booth designer - Mr. Masato Miyazaki (DJ & furniture designer) Every Thursday, DEUS TRAPDOOR will host selected DJ’s contributing in various scenes to showcase their resonance. Friday nights will continue with the “SOCIAL CLUB” musical/bar gathering led by our original DJ Cheese Wave team. In addition to our surfboard shaping bay, motorcycle garage, basement art gallery & great coffee; Deus Harajuku now offer music to your ears in the best chime possible. 7月11日デウス原宿地下スペースの新しい名称 “DEUS TRAPDOORデウストラップドア”での初めての催し、“DEUS SOUND CHECK”が行われた。 通常サウンドチェックとは名前の通り、作り上げたサウンドシステムの音をチェックする、言わば完成前の最後のテストになる。もちろんそれは内部の人間だけの閉ざされた確認作業であり、公開されることはない。 このDEUSの新しいサウンドシステムではどんな音が出るのか?その最終テストにDJや音楽関係者たちを招待し、 音のプロフェッショナルによる公開サウンドチェック“DEUS SOUND CHECK”を行った。 “Made in Japanの音”というコンセプトのもと、TaguchiのスピーカーやALPHA RECORDING SYSTEMのミキサーなど、全て日本メーカーの機材だけで組み上げたDEUSサウンドシステム。さらにDJブースもDEUSサウンドシステムのためにアメリカ軍の古いストレッチャーを改造したものをオリジナルで作成。 その前評判の高さから多くのDJ・音楽関係者に出席の返事をもらうことができた。 そしてDEUS SOUND CHECK当日、集まった関係者達はそれぞれ自分で持って来た音源をかけていく。普段聞き慣れた音源がどんな音で鳴るのか、それをチェックしDEUSサウンドシステムの特徴を把握していく。音楽だけが響き、フロアの全員が静かに耳を傾けるところからのスタート。 良いDJはそのプレイを音源だけに任せない。良い音源を良い音でお客さんに聴かせること。そこまでがDJの仕事になる。だから専用のレコード針や機材を持ち込む人もいれば、かける前にクリーナーで一枚一枚レコードを磨く人もいる。またフロアにどのくらいの人数が入っているかを見て常に音のバランスを変えていく。 良いDJはお客さんにどんな音が聞こえているかを徹底して管理する。 それだけに皆サウンドチェックには厳しい。DEUS TRAPDOORではどの曲がどんな音で鳴るのか、次々に確かめていく。DJブースには次第に人が集まり、サウンドチェックを待つ順番が列をなすほどの賑わいを見せた。 音に厳しいからこそ、良い音が出た時は皆良い笑顔になっていく。そして振り返ってスピーカーの方を仰ぎ見たり、順番を譲らずすぐに次の曲をかけようとしていく。 静かな試聴会でスタートしたサウンドチェックは次第にパーティーになっていった。 DEUS原宿地下TRAPDOOR、音が止まる最後の瞬間まで多くの人が残り拍手が沸き起こった。 このDEUSサウンドシステムを作るのに尽力してくれた人達を改めて全員に紹介するとさらにまた大きな拍手。 サウンドデザイナー阿尾夫妻、サウンドプロデュースを担当したFreedomSunset production柴田雄一郎氏、そしてDJブースの製作者である宮崎正人氏。並んだ職人達の顔もまた笑顔になる。 最後まで真剣な試聴会で終わるかと思われたDEUS SOUND CHECKは大盛り上がりのパーティーとして終わった。これは音に厳しいプロ達が本気でその音を楽しんでくれた何よりの証拠だろう。最後のテストと臨んだDEUS SOUND CHECKは、集まってくれたみんなから合格点をもらえたのではないだろうか。 DEUS TRAPDOORでは、これから毎週木曜に様々な場所で活躍するDJ達を呼び、そのプレイを披露してもらう。金曜日はレギュラー陣による“SOCIAL CLUB”が行われる。 サーフボードのシェイプルームとバイクガレージに加え、新たにDEUS原宿に加わったサウンドシステムという空間。このサウンドチェックで音のプロフェッショナルに認められたその音を、是非これから多くの人に楽しんでほしい。 Photos by Takaki Iwata